FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.21 (Wed)

行かないと決めた日

ニニちゃんの旅立ちから、早や2週間余り。色々と思うことが多く、
中々文章にすることが出来ませんでした。(よってかなり長文です)

旅立ちから3日後、Sacchanさんからきれいなお花が届きました。
   CIMG0665.jpg
「お空ではやさぐれちゃだめだよ。」とのメッセージはさておき(笑)、
Sacchanさん、どうもありがとう。m(__)m

亡くなる前日の9月6日は、実は通院日に当っていました。
ここ数日のニニちゃんは、固形物は元より、ゼリーやヨーグルトといった
軟らかい物さえほとんど食べた様子もなく、日に数回与えるミルクだけが
頼みの綱となっていました。それとて、口にする量はごく僅かです。
利尿剤の投薬は続けていますが、それももう、あまり効果はないようでした。
そんなニニちゃんを病院へ連れて行くことに、正直ためらいを覚えました。

CIMG0624_20110921143036.jpg

病院に行けば、お腹に溜まった水を抜いて貰うことは出来ます。その為には
針を刺さなければなりません。それは大きなリスクです。
確かに、水を抜いて貰えば一時的には楽はなるかもしれない。
2~3日の延命にはなるかもしれない。
だけど、水を抜いたからといって、物が食べれるようになる訳ではない…

しかし、ニニちゃんのパンパンのお腹を見ると、少しでも楽になるのなら、
リスクを冒してでも、賭けてみようかという気にもなります。

CIMG0626_20110919000139.jpg
9月5日夜のニニちゃんです。こうしていても、ほとんど食べてはいません。

このような状態のハムスターに針を刺すことがどんなに危険なことかも、
通院にかかるストレスがどれほどのものかも、私は経験から知っています。
医師とも相談しましたが、最終的に決めるのは私です。

ニニちゃんにとって、最善のこととはどうすることなのか?

考え抜いた結果、私は、そのとき、「行かない」という選択をしたのです。
CIMG0634_20110919000138.jpg
もうこれ以上、ニニちゃんに無理をさせたくなかったのです。
自然の摂理に従うことにしたのです。

この日の夕方頃、ニニちゃんは、急ににクルクルを始めました。
CIMG0629_20110919000144.jpg

覚束ない足どりで、それでも一生懸命走ろうとします。


…あぁ…前にも同じようなことがあった………
ニニちゃんの旅立ちが迫っていることを覚悟した瞬間でした。

いつも通り過ごさせてやりたいという思いから、お散歩も止めませんでした。


ジジくんパークでも遊びました。いつもならすぐ寝ちゃうのに…
CIMG0636_20110919000149.jpg

これが最後の夜になるかもしれないという予感が、私にはありました。
ニニちゃん自身もそれがわかっていて、クルクルにもジジくんパークにも
別れを告げているように思えました。

【More・・・】

9月7日の朝、ニニちゃんは、前夜からほぼ変わらない体勢で寝ていました。
CIMG0647_20110919000136.jpg

ほんの少しだけミルクを飲んだ後、床に下ろしてやると歩き始めました。

「今日はお仕事だから、そばに居てあげられないよ」そう伝えた私に、
まるで、「最後の勇姿をしっかり見ておいて」と言っているようでした。

ほんの少しのお散歩の後、自ら私の手のひらに乗り、ケージに戻りました。
CIMG0644_20110919000143.jpg

「帰るまで待っててね」そう言ったけど、きっとこの仔は待っていないな…
なぜか、そのときそう確信しました。そして、
その予感通り、これが、私とニニちゃんの最後の別れになりました。

帰宅後ニニちゃんのケージを見たときは、「あぁやっぱり…」という思いでした。
半ば覚悟はしていたので、そう大きなショックではありませんでした。
その亡き骸を手に取ると、まだそう時間は経っていないように思えました。
もしかしたら、頑張って待っててくれようとしたのかもしれません。
そう思った瞬間、涙が溢れ出ました。

あの日、病院へ行かなかったという私の選択が正しかったのかどうかは
わかりません。後悔がないと言えば嘘になります。

思えば私は、ニニちゃんを、もう楽にさせてあげたいという気持ちが
強かったかもしれない。

そう思ってしまうことは、いけないことですか?そう思って、
ときには、病院へ行かない勇気があってはいけませんか?
それとも、それは私のエゴですか?

あの時、私は、行くことも行かないことも、どちらも怖かったのです。

CIMG0403.jpg

ニニちゃん、あの時、あなたは、どうしてほしかったのでしょうか?

テーマ : ジャンガリアンハムスター - ジャンル : ペット

00:53  |  ニニ  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

★涙

くららさん、お疲れ様!いろんな意味で大変だったね。

きっと私もくららさんと同じ事を選択すると思います。少しの延命を得る為に病院へ行くか行かないかは。

ニニちゃん^^最後のくるま、お散歩、楽しかったかい?
優しい良いママの所へ飼われていって良かったね^^

安らかに眠ってね^^ニニちゃん^^
紅音 |  2011年09月22日(木) 03:33 | URL 【コメント編集】

通院の予定をキャンセルしたことが
いけないなんて言われたら、

私なんて、通院したけど、医師にお願いして
安楽死させてもらいましたから。
ひどいと言われれば、もっとひどいかも。


ペットにはペインクリニックがなくて
病気の痛みをとってあげられなかったし、
本人も、たた、死を待ってジッとして
もちろんゴハンも水も口にしなくて、
ニニちゃんみたいに動いて食べようともしなかった。

もう苦しみから解放されて、
はやく生まれ変わってきて というのが、
私が最後にしてあげられることだったので。
私も、まだ思い出して泣きますが、後悔はない。


そんな私が、ニニちゃんのことで思うのは、
通院をキャンセルして正解だったということです。


死にたくないと思う気持ちは、
ほとんどの動物がもつ気持ちだと思いますが、
それしか知らない、そうしかできないというのも
あると思うんですね。

だから、飼い主の最後の責任として、
もういいよ、がんばったね、そろそろ逝こうか、
って、教えてあげるのも必要だと思うんです。

そういうことって、伝わるんですよね。

あ、そうか~そういう道もあったんだ~って
ハッとして、楽になった子も多いと思います。
ニニちゃんも、そうだったと思います。
ビショップ |  2011年09月22日(木) 08:35 | URL 【コメント編集】

はむ飼いはいつもいつも切ないよね・・・。
楽しい日々も気が付けば、もう先はあんまりなかったり。
苦しい選択に迫られることもしょっちゅう。
なのに、なのに、あの小さいがんばり屋さんと一緒に暮らしたくて、たまらなくなるのよね。
あのコ達には諦めはないと思う。
いつもいつもがんばっているから、私達は逆にあのコ達に教えられることばっかりだよね。
あんなに立派な体格だったニニちゃん。
生まれたての赤ちゃんみたいだね。そうやって、また帰って行くんだなーって。
うまく言えないけど、くららさん、お疲れ様。
そして、ニニちゃん、いっぱいいっぱい、ありがとう。

今度の偲ぶ会楽しみにしているよん♪
実はニニちゃんへのお花、リクエストしたイメージと違っているんだよねー。
でも、ニニちゃんは喜んでくれたかな?
Sacchan |  2011年09月22日(木) 16:00 | URL 【コメント編集】

v-287紅音さんへ
ありがとう~v-406そう言って頂けると、少しは
気持ちが楽になるかな…
本当に難しい選択でした。
どちらか正しかったのかはわからないけど、もしまた、
同じことがあったら、同じ選択をするんじゃないかなと思う。
最後のクルクルは、見てて、ほんと切なかった。(涙)
ニニちゃん、安らかにお空に行けてるといいけど。


v-287ビショップさんへ
安楽死ですか…それは、さぞお辛かったでしょうね。
でも、ひどいとは思いませんよ。愛すればこその決断ですよね。
私も、ニニちゃんを楽にさせてあげたかった。だからこそ、
もう余計なことはしないで、自然に任せようって
決めたんだけど、もしかしたら、お腹の水を抜いていたら、
逝く前の少しの間でも楽になれたのかなという思いも
捨て切れません。
反面、その行為そのもので命を落としてしまったかもしれない。
ニニちゃんにとって最善のことと言いながら、実は
自分が後悔したくなかっただけなんじゃないかとか、
色々と考えてしまったりもします。
ただ、あの日、あの時、あの状態の仔を病院まで
連れて行く気にはどうしてもなれなかった。
そのまま静かに、自分のおうちに居させてあげたかった。
結局、私が最後にしてあげられたことは「何もしないこと」
だった訳だけど、それでよかったのかな…


v-287Sacchanさんへ
そうなのよv-237あの仔たちってば、
超がんばりやさんでしょ?だから、決心が揺らぐのよ。
「もう頑張らなくてもいいよ」って思うのはこっちの勝手な
思い込みで、ほんとは、もっと頑張りたいのかな、とかね。
ニニちゃんも、ほんとはもっともっと頑張るつもりで
いたのかなとかね…v-406
「頑張り過ぎない勇気」誰かハムにも教えてあげてとか思う。

とにもかくにも、色々ありがとうございました。
偲ぶ会(だったのか?)、私も楽しみにしてるよんv-238
その際は、泣いてもいいですか?(笑)
てか、お花のイメージ違ったって?とっても可愛らしい
アレンジだったよ~v-353
くらら |  2011年09月26日(月) 01:35 | URL 【コメント編集】

きびしい言い方だけど、
愛ハム家のくららさんだから言うけど、

くららさんは、何もしなかったんじゃない。

通院しても、通院しなくても、
もう、死しか待っていないって感じたから
ニニちゃんが苦しかろうが、苦しくなかろうが、



くららさんは、自分で、
ニニちゃんは、もう、死になさいって決めたの。

だから、くららさんは病院に行かなかった。
そこにはニニちゃんの気持ちなんてなかった。
くららさんの気持ちしかなかったの。



だけど、私は、それで良かったと思う。
くららさんの、その気持ちは、その行動は、
ニニちゃんに伝わったと思うから。
きっと、楽になって旅立ったと思いますよ。

頑張り過ぎない勇気をニニちゃんに教えたのは
あなた、くららさん自身。

でも、それで良かったんだと、私は思います。
追伸、ビショップ |  2011年09月26日(月) 08:35 | URL 【コメント編集】

私もこの状況での通院はもう諦めるよ。
それは、これまでのハム飼い遍歴から学んだことでもあるし
そうすることがハムにとっても自分にとってもベストなんだと信じるようになったから。
ニニちゃんだってきっとそれで納得してくれてると思う。
お世話係の勝手な思い込みとか、エゴではなくて。
大切なのは気持ちだよね。
どれだけニニちゃんのことを思っていたか。
ニニちゃんの悔いがないように最期を迎えさせてあげるか。
最後に私たちがしてあげられることといったら、そういうことじゃないかと思うんだ。
見てるの辛かったと思うけど、くららさんは放棄したわけじゃないもの。
立ち会えなかったとしても、心はニニちゃんを見続けていたはずだもの。
だからそれでいいんだよ。
お別れの度に、これでよかったのか?って自問自答しちゃうんだけどね。
ろぼ吉 |  2011年09月27日(火) 22:59 | URL 【コメント編集】

v-287ビショップさんへ
厳しく、そして温かくもあるお言葉ありがとうございます。
自分の中ではまだ色々思うところもありますが、今はただ
静かにニニちゃんの冥福を祈りたいと思います。


v-287ろぼ吉さんへ
今回は、何か色々思うことが多くてさ…v-390
ほんと毎度毎度自問自答してます。
延命は必要ないけど、もしかしたら、ちょっとは楽に
なれたかもしれない道を塞いでしまったかな…とかね。
でも、ニニちゃんのことを思ってたことは確かなことだから、
後悔はしてないよ。

ただね、
ハムの場合、病院へ行ったところで、出来ることって、
ほんと限られてるじゃない?
そこがすごく空しいというか、悔しいというか…
切ないんだよねぇ…(ToT)
くらら |  2011年09月29日(木) 23:58 | URL 【コメント編集】

私は、今後も、必要なら安楽死をさせると思います。


・病気が痛くてつらいのに痛みを取る方法がない
・食べようともせず生きる気力がない
・もう死ぬのを待つ時間がのこっているだけ

この3つがそろったら、安楽死させると思います。


野生動物の世界でもあるんですけどね、

たとえば、骨折した子ゾウは射殺されます。
群れについていけず、置いていかれたら、
肉食獣に狙われて、喰われるだけですから。
もう死ぬのを待つ時間が残されているだけだから。


人道的処置、そういうことだと思います。
ビショップ |  2011年09月30日(金) 11:01 | URL 【コメント編集】

v-287ビショップさんへ
愛すればこその選択ですね。
私はまだ、実際にそこまでの経験がないので、
何とも言えませんが…
そのような選択をせねばならない日が来ないことを
祈るばかりです。
くらら |  2011年10月04日(火) 00:26 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://chobi403.blog20.fc2.com/tb.php/270-60a992c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

検索フォーム

お気に入り♪ブログ

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

カレンダー

月別アーカイブ

カーソルで遊んであげてネ。

クリックすると、ご飯食べるよ♪

ちょびっち is For Ever


現在の閲覧者:




ハムスターブログ更新情報ハムスターブログランキングはこちら

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。